1つのところで満足しない~収入の落とし穴

日本という国はとても「安全」です。はっきり言ってこれほどまでに治安のいい国は他にないでしょう。「この国の人は親切だった」なんて思い返しても・・・その裏には悪い人もいるわけで、電車にお財布を落としたり、携帯を落としてもしっかりと返ってくる国は日本だけ。だれもいない道に自動販売機があっても誰もそれを壊そうとしないのも日本だけ。おまけに・・・公衆電話でさえ機能しているのです。

海外でこんなことをしたら・・・電話線は切られ、中身のお金はしっかりと盗まれることでしょう。もちろん、自動販売機だってそうなのです。お賽銭箱の中だって空っぽになっていることでしょう。それなのに・・・日本の人はとても親切です。優しくて、人のことばかり考えています。困った人がいたら放っておけない人柄なのです。

・・・だから、でしょうか。日本の人はなんだか「平和ボケ」しています。困ったら誰かが助けてくれる。なんてそんな臭いがするのです。そう思うのは、日本の皆保険制度でしょうか?国が助けてくれる。と、いうよりも・・・もし助けてくれなくなったのなら「どうして助けてくれないんだ」となるでしょう。アメリカなど貧富の差がはっきりしすぎて病院に行けない家庭だって出ているのですから。

さて、それを踏まえて考えると・・・近年の日本は経済的に焦るものがあります。もう・・・「1つの収入では危ない時代」の真っ只中にあるというのに・・・「あなたはいくつ仕事を持っていますか?」の問いに「1つです」なんて答える人がとても多いのです。危機意識のなさは・・・確実に身を滅ぼすことになるでしょう。

それに、あなたに「守るべきもの」があるのなら・・・それはなおさらのことです。そんなことではいつか会社に見捨てられることでしょう。会社は、あなたの人生までは保障してはくれないのです。なので、自分の収入口はもっと広げるべきなのです。「副業禁止」の会社では、老後の心配までしれくれないでしょう。

貸会議室 東京

ランディングページ制作

通信制高校

エイジングケアで、もっと上質なお肌を手に入れましょう♪

エアコン 工事 東京